『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』原作者マイディーさんの追悼動画が1月22日21時にYouTube上で公開へ(2021年1月22日)|BIGLOBEニュース

 スクウェア・エニックスによるMMORPG【※】『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』内のプレイヤーコミュニティ「じょびネッツァ」でサブマスターを務めるあるてみしあさんは、昨年12月に訃報が報じられた『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の原作者であるマイディーさんの追悼動画を1月22日(金)21時にYouTube上で公開すると伝えた

【※】MMORPG:
Massively Multiplayer Online Role Playing Game(大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)の略。運営会社の設置したサーバー内に展開する世界に数百〜数千のプレイヤーが同時接続し、オンラインで同期して楽しむタイプのロールプレイングゲーム。

 『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、マイディー氏が更新していたブログ「一撃確殺SS日記」にて2014年から連載された企画だ。

マイディーさんが自身の正体を隠しながら定年退職を迎えた父と『ファイナルファンタジーXIV』を一緒にプレイする本企画はゲームの内外を問わず人気を呼び、書籍化やテレビドラマ化が実現。最終的には映画化されるまでに至った。

 「じょびネッツァ」のマスターでもあったマイディーさんは、2018年12月の投稿で大腸がんの病名告知を受けたことを公表。長期にわたって闘病を続けていたが、2020年11月21日の投稿を最後に更新が途絶えたのち、同年12月10日にドラマ版『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の公式Twitterアカウント(@ff14_dol)から逝去が報じられている。

ライター/ヨシムネ

マイディーさんを偲ぶYouTubeの動画(1月22日21時公開)はこちら

ライター

2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

Related Articles

日本におけるギャンブルの動向について

日本ではこれまでパチンコや競馬などが国民にとっ...

日本におけるスポーツの変遷

時代の変化に伴い人々の娯楽のあり方も変わってき...

【モンスト攻略】ヴィザ(超究極)のギミックと適正キ...

モンスト(モンスターストライク)とアニメ「ワール...

お正月は新たな冒険に出かけよう!スマホで楽しめる人...

「コード:ドラゴンブラッド」は、近未来の東京を...

【鉄拳7】チクリン、ノビ、ノロマ、弦、タケ。意気込...

2020年2月29日、『鉄拳7』の大型イベン...