テンセントクラウド、日本発のクラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」の高次元ゲーム体験の提供を支援 | テンセント

高い信頼に基づく先進クラウドテクノロジーが超低遅延とネットワーク安定稼働を実現し最高水準のクラウドゲーム体験を提供

【2021年3月15日 東京発】– 中国の大手テクノロジー企業テンセント(本社:中国深セン、CEO馬化騰 (ポニー・マー)、以下テンセント)のクラウド事業部門であるテンセントクラウドは本日、クラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」(オーパーツ)を支援していることを発表しました。包括ソリューションと総合力を基盤とする低遅延環境、高品質ノードのリソース、業界を牽引するネットワークなどの利点を活かしたクラウドテクノロジーが収益性を向上させます。リモートサーバ上で稼働するビデオゲームをプレイヤーに直接配信するクラウドゲーミングは、業界の新たなトレンドへと進化を見せています。今回の支援によって、高パフォーマンスかつシームレスなゲーム体験を、プレイヤーにお届けすることが可能になります。

OOPartsは、クラウドゲーミングを専門とする株式会社ブラック(以下Black Inc.)が提供する定額制でビジュアルノベルゲームをプレイできるゲームプラットフォームです。同社は、短期間で幅広い名作をクラウドゲーム化しており、「グリザイア:ファントムトリガー」や「MUSICUS!」を始め100を超えるゲームタイトルを提供しています。会員はゲームをプレイするために、インストールやセーブデータの管理に気を煩わせることなく、自身の好きなデバイス(iOS、Android、macOS、Windowsをはじめ最新のWebブラウザが動作するあらゆるデバイス)で直接プレイすることができます。

クラウドゲーミングではコンピューティングロジックやレンダリング作業をクラウド上で実行させたビデオフレームを、ユーザーにリアルタイムでストリーミングするため、最高のビデオゲーム体験を実現するには、遅延を最小限に抑えることが不可欠です。テンセント・リアルタイム・コミュニケーション(TRTC)ソリューションを利用することで、OOParts上で超低遅延かつ安定したリアルタイム・ビデオストリーミングを可能にするだけでなく、コスト効率の高い方法で複数OSにも対応できます。TRTCが提供する低遅延のインタラクティブライブ配信ソリューションの強みとして、次のものがあります。

  • クロスプラットフォームでの高い互換性:技術者向けの開発ツールであるSDK(Software Development Kit)を統合することで複雑なコーディングを行わずとも複数OSへ対応できるビデオソリューションを提供します。
  • 安定したネットワークコミュニケーション: TRTCはエンドツーエンドでのグローバル平均遅延を300ms未満に抑えています。パケット損失率が40%以上かつ伝送内容の乱れを表すネットワークジッタが1,000msを超える脆弱なネットワーク環境においても、滑らかで安定した高品質な音声・ビデオ通信を保証します。

テンセントクラウド・インターナショナルのシニアバイスプレジデントであるPoshu Yeung(ポシュー・イェン)は、「OOPartsが取り組む挑戦とその解決を支援し、テンセントクラウドとして日本企業のデジタル処理における転換をお手伝いできた新たな成功実績を付け加えられることを嬉しく思います。世界のクラウドゲーミング市場はかつてない勢いで成長しているため、これに比例してビデオゲーム開発者やプロバイダーのニーズも拡大しています。テンセントクラウドは、ビデオゲームやエンターテインメント業界のために、クラウドソリューションやクラウドテクノロジーに関する豊富な専門知識と経験を活かし、あらゆるニーズに応えていくことを目指しています」と述べています。

Black Inc.の代表取締役である小川楓太氏は、「世界中のビデオゲーム開発者から厚い信頼を寄せられているテンセントは、既にこの業界で多数の大きな成果をあげています。今回、テンセントクラウドを活用することでコスト効率の良いプラットフォームへと改善できることを嬉しく思っています。当社のプラットフォームは、iOS、Android、macOS、Windowsなど様々なデバイスに対応したTRTCの低遅延と高いクロスプラットフォームでの互換性により、ユーザーの皆様から高評価をいただけたことからも、TRTCによって当社のプラットフォームが次のレベルへと引き上げられました。テンセントクラウドの迅速なカスタマーサポートも素晴らしく、当社は不具合の切り離しや動画配信遅延の検証などの技術的な課題にも、緊密な連携の下で対応することが可能になりました」と語っています。

テンセントクラウドは、安全で信頼性の高い高性能なパブリッククラウドサービスプロバイダーとして、高度なインフラやレジリエントな環境を必要とする公的機関や民間企業に、クラウドへのアクセスと豊富なサービスを提供しています。世界のクラウドコンピューティング業界でも最高水準のセキュリティ基準と競争力の高いサービスを提供している強力な証として、テンセントクラウドは、2020フロスト&サリバンアワードの『世界のクラウド市場におけるベストプラクティス・競争戦略リーダーシップ賞』を受賞したほか、ISO22301、ISO27001、ISO20000、ISO9001、Trusted Cloud Services、CSA STAR認証、 Multi-Tier Cloud Security Standard(MTCS SS) を始めとする国際認証を取得しています。

株式会社ブラックについて

和文商号:株式会社ブラック

英文商号:Black Inc.

設立:2018/11/22

代表取締役:小川楓太

Webサイト:https://by.black/

テンセントクラウドについて

テンセントクラウドは、テンセントのクラウドサービス事業部門として、業界をリードするクラウド製品やサービスを世界中の組織や企業に提供しています。テンセントは世界各地に有する堅牢なデータセンターインフラストラクチャを活用し、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析、AI、IoT、セキュリティを始めとする高度なテクノロジーを統合し、スマートエンタープライズのシナリオに集約しています。また、業界向けの総合ソリューションとして、金融、教育、ヘルスケア、小売、産業、交通、エネルギー、ラジオおよびテレビ等の業界向けスマートエンタープライズソリューションを提供しています。

【報道関係者からのお問合せ先】

PR事務局(旭エージェンシー内) 

担当:沖山

[email protected]



著者: ” — digitalpr.jp

Related Articles

日本におけるギャンブルの動向について

日本ではこれまでパチンコや競馬などが国民にとっ...

日本におけるスポーツの変遷

時代の変化に伴い人々の娯楽のあり方も変わってき...