eスポーツトーナメント、Predator League 2020/21 2021年4月開催決定!~プレデターシールドを賭けた熱き戦いを見逃すな!~|日本エイサー株式会社のプレスリリース

 

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は、弊社主催のアジアの各国と地域から代表が参加するeスポーツトーナメント、Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals(アジア・パシフィック プレデターリーグ 2020/21 グランドファイナルズ、以下Predator League 2020/21)を、2021年4月6日(火)~4月11日(日)の日程でオンラインにて開催することを発表いたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて2020年2月に開催延期を発表させていただきましたPredator League 2020は、今回、参加する各国・各地域の状況や、選手および関係者の安全を最優先し、フィリピン・マニラでの開催を中止し、オンラインで開催いたします。オンライン開催に伴い、本大会Predator League 2020/21は参加する各国・各地域からのチームが4つのサブトーナメントに分かれて戦います。なお、この決定に伴い、フィリピンで昨年販売済みのPredator League 2020トーナメント観戦チケットは払い戻しを行います。詳細は後日、お伝えいたします。

Predator League 2020/21のサブトーナメントの構成は以下の通りです。本大会の採用ゲームタイトルは、Dota 2およびPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)です。

1.     Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 Asia

2.     Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 APAC

3.     Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG Asia

4.     Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG APAC

本大会のサブトーナメント、Predator League 2020/21 PUBG Asiaには、日本4チーム、韓国4チーム、チャイニーズタイペイ4チーム、香港、マカオから4チーム、合計16チームが出場します。Predator League 2020/21 PUBG Asiaの開催日は 2021年4月6日(火)、4月7日(水)、4月10日(土)の予定です。トーナメント開催に合わせてPredator League 2020/21 PUBG Asiaの日本語配信を行います。また、視聴者プレゼントキャンペーンの実施等、皆様に楽しんでいただけるコンテンツをお届けする予定です。配信時間、配信チャンネルなどの詳細は次回の発表をお待ちください。

Predator League 2020/21 PUBG Asia には、日本からは、昨年出場権を獲得しているプロeスポーツチーム、DetonatioN Gaming White(デトネーション・ゲーミング・ホワイト)とRascal Jester(ラスカル ジェスター)が出場します。さらに今回、オンライン開催に伴いPUBGのトーナメント数が2つとなり全体の出場枠が増えたため、追加でプロeスポーツチームであるENTER FORCE.36(エンターフォースサーティーシックス)とSunSister(サンシスター)の出場が決定しました。

ENTER FORCE.36は、現在開催中のPUBGの国際大会、PUBG GLOBAL INVITAIONAL.S への出場の実績を考慮し、また、SunSisterは、PUBG国内トーナメントPUBG JAPAN CHALLENGE予選トップ通過の実績を考慮して選出させていただきました。

日本からの出場チーム一覧

1.   DetonatioN Gamig White (@team_detonation)

2.   Rascal Jester (@RascalJester)

3.   ENTER FORCE.36 (@ENTERFORCE_36)

4.   SunSister (@SunSister_net)

Predator League 2020/21 PUBG Asia では、下記賞金を16チームで争います。

●   優勝:37,500米ドル

●   準優勝:15,000米ドル

●   3位:7,500米ドル

◆ドレッド隊長より、コメント

「いつも、Predatorを応援してくださる皆様、ありがとうございます。漸くこの大会を開催できることをとてもうれしく思います。日本を代表して出場いただく4チームの皆様と日本の優勝を取りに行きたいと思います。この機会が出場されるチームの皆様の経験に少しでもなればと思います。そして、日本のファンの皆様と一緒に各チームのドン勝を願って応援します。オンラインで楽しめるeスポーツ、PUBG Esportsの魅力をお伝えできたらと思います。」

日本エイサーでは、Acerが持つゲーミング関連製品の技術に裏付けされた、コアゲーマーに向けた最高位のゲーミングブランド、Predatorを含めたイベントや製品情報を、Predator 日本公式ツイッターから配信しています。

Predator League 大会動画:https://www.youtube.com/watch?v=UBODEeKbCXo

 

Predator League公式サイト:https://www.predator-league.com/regionrules?region=jp

プレスリリースページ

https://acerjapan.com/news/2021/01B006

Acerについて

1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは現在、全世界で約7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。

詳細はwww.acer-group.com (英語版)をご覧ください。

日本エイサー株式会社について

社名 :日本エイサー株式会社

所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F

代表者:代表取締役社長 詹 國良(ボブ・セン)

公式サイト: https://acerjapan.com

公式facebook: https://www.facebook.com/AcerJapan

公式Twitter :https://www.twitter.com/AcerJapan

Gaming公式Twitter: https://twitter.com/PredatorJPN

公式Instagram: https://www.instagram.com/acer_japan/

公式YouTube:https://www.youtube.com/user/AcerJapanChannel

© 2021 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。

© 2021 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels.

Related Articles

日本におけるギャンブルの動向について

日本ではこれまでパチンコや競馬などが国民にとっ...

日本におけるスポーツの変遷

時代の変化に伴い人々の娯楽のあり方も変わってき...

ゲーム好き有名人が多数参戦した「RAGE PART...

 CyberZ,エイベックス・エンタ...

Core H35とRTX 3070搭載のASUS製...

 ASUSは、15.6型TUFシリーズとしては24...

【月間総括】「逆ザヤ」というゲーム機ビジネスの”迷...

 今月は,ゲーム機のビジネスモデルについて...

世界最大の音楽レーベルがゲーム、スポーツ、フィット...

世界最大手のユニバーサルミュージック・グ...