「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KA...

全国都道府県対抗eスポーツ選手権...

Gaming Peripheral Market ...

ゲーム周辺機器市場 ゲーム周辺機器の市場規模、状...

MMORPG NEWS: Lost Ark Jap...

Its time to check what ...

ゲーミングパパ活と評される「GameRoom」の「モンスターハンター」のページが突如500エラーに – funglr Games

11月1日にβ版がリリースされたばかりの「GameRoom(https://game-room.jp/)」の対応ゲームタイトルから突如「モンスターハンター(https://game-room.jp/games/monster_hunter)」のページへアクセスができなくなった。

Googleキャッシュでは2020年11月16日 06:36:09 GMT、Wayback Machineでは11月16日時点では、モンスターハンターのページは存在していたので、16日から17日の間にアクセスできなくなった可能性が高い。

「モンスターハンター」のページは500エラーに

GameRoom

「モンスターハンター(https://game-room.jp/games/monster_hunter)」のページは「スプラトゥーン2」同様、500 Internal Server Errorとなっており、プログラムのバグの可能性があり、運営側が削除したわけでなくシステム障害の可能性が高い。

GameRoomはRuby on Railsで開発されており、サーバはAmazonのAWS、ドメインとDNSはGMOインターネットグループのムームードメインで取得している。
ちなみにメールサーバは同じくGMOインターネットグループのムームーメールを使用しているが、TXTレコードは未入力となっており、SPFは特に記載されていない。

決済サービスはStripeを導入しており、1コイン1円として利用できる。

11月16日、新たなカテゴリが追加

上述の通り11月16~17日の間に、モンスターハンターのカテゴリ(メニュー)が一覧から消えて、アクセスができなくなったが、11月16日に新たに下記カテゴリが追加された。

新しいカテゴリ追加はGameRoom公式Twitterでアナウンスがあったが、モンスターハンターについては一切触れられていない。

今回の新しいカテゴリ追加と関係があるかは不明だが、現在β版で運用中のためカテゴリ(メニュー)の増減は正式リリースまで頻繁におこなわれると思われる。



著者: ” — funglr.games

Related Articles