【オリジナルレポ】JO1 ☆「僕たちはずっとずっと 自分たち自身と戦っていかなくてはいけない」2021年さらなる飛躍へ! | ガジェット通信 GetNews


【オリジナルレポ】JO1 ☆「僕たちはずっとずっと 自分たち自身と戦っていかなくてはいけない」2021年さらなる飛躍へ!

 

 

 
グローバルボーイズグループ JO1(ジェイオーワン)が1stアルバム『The STAR』のリリース記念生配信をJO1公式YouTubeチャンネルを通して開催した。またイベント終了後にはオンラインでのマスメディア囲み会見が活発に行われた。
 
昨年、社会現象を巻き起こした日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」から誕生した11人で構成されるJO1。2020年12月6日に開催されるアジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」への出演が電撃的に発表されるなど、その勢いはとどまるところを知らない。
 
リリース記念生配信では窓から見える美しい夜景と東京タワーをバッグに11人が登場。リリースされたばかりのアルバムの魅力をメンバーそれぞれがアピールしたり、初回限定盤RedのDVD特典映像<JO1 PARTY>を鑑賞するコーナーありとファンにはたまらない時間となった。メンバー達が思わず涙を流す場面や、サイレントゲーム、「Happy Merry Christmas (JO1 ver.)」(通称ハピメリ)のワンカットMVなど、DVDの一部を公開した。
 
生配信中には1stアルバム『The STAR』のオリコンデイリーアルバムランキング(11/24付)1位獲得が発表され、喜び、驚きとともにJAMへの感謝を伝えた。さらにJO1初の写真集「Progress(プログレス)」が2021年1月27日に発売という新情報解禁に、チャット画面にはJAMの歓喜のコメントが飛び交った。写真集はデビューから駆け抜けてきた2020年のパフォーマンスの姿、ソロインタビューや、メンバー座談会、そして撮影の裏側が垣間見れるオフショットまでとボリューム満点の176ページだ。
 
「僕たちJO1がこうして笑顔で活動できるのも全てJAMのおかげですし、こうして支えてくれるスタッフ、家族や友達たくさんの方に支えてもらって僕たちは今ここにいます」「感謝の気持ちでいっぱいです!これからもどうぞ僕たちのことをよろしくお願いします」とリーダー與那城奨の挨拶でリリース記念生配信は終了した。
 
続けて行われたマスメディア向けオンライン囲み取材では、記者からの様々な質問にJO1メンバーが回答。
オリコンデイリーアルバムランキング(11/24付)1位について「アルバムはJAMのみなさんの応援があって出せるものです。出させていただき感謝していますし、オリコン1位というのは記憶に残るアルバムです。JAMのみなさんに感謝を伝えたい」と川西拓実が惜しみない応援を送り続けるファンへの感謝を語った。今回のアルバムリリース日は“激戦の日”だと聞いていた、と話す最年少メンバー 豆原一成(以下、豆原)は「本当にすごいなと思いましたし、JAMのみなさんがいないと1位はとれなかったので感謝しかないです。嬉しいです」と笑顔を見せた。
 
與那城奨(以下、與那城)は「JAMの支えがあってこそ」「全てはJAMのおかげ」と何度もファンへの感謝を強調。そして「もっと成長しもっと輝ける11人を、応援してくださるみなさんに見せていかなければいけないと、より一層強く思いました。感謝の心を忘れずにがんばっていきたいです」と話した。
 
JO1が今年3月にデビューしてまもなく、世の中は一気にコロナ渦に飲み込まれた。苦境に立たされたデビューからの感想や、来年の目標について聞かれると與那城は「デビューしてすぐにこの状況となり、ファンミーティング以降はJAMに直接会える機会が少なかった」と悔しそうに。「ファンに気持ちを伝えたくて試行錯誤してきて、自分たちの課題も見えきたので。課題を克服しながらこの場にいます。12月の初オンラインライブを皮切りに来年はもっと飛躍したい」「日本を代表するボーイズグループとして活躍していけたらと思います」と力強い意気込みをみせた。
 
今後の活動の具体的な課題として「オンラインにおけるライブ感をどれだけ表現できるか」を挙げたのは木全翔也。「課題でもあるし、うまくできたと思う」と冷静に自己評価する姿が印象的だ。一方、川尻蓮は「圧倒的に経験値が足りないなというのを感じているんです」と切り出した。「“デビューして1年目”という言い訳もそろそろ通用しない時期に入ってきたと考えているので、来年JO1がどうなってくかは分からないんですけど、アグレッシブにいろんなことに挑戦したい。JAMのみなさんを楽しませられるようなグループにならないといけません」と率直な思いを吐露した。
 
アルバム『The STAR』の聴きどころを聞かれると與那城は「Safety Zone」の「ラップ組の強み」を挙げ、「さらにパワーアップして自分の色をどんどん出せているように感じる」と、ラップパートの大平祥生、木全翔也、鶴房汐恩、白岩瑠姫を褒めちぎった。鶴房汐恩は「Be With You(足跡)」での與那城奨、河野純喜、金城碧海のボーカルについて「何回聴いてもうまいな!と思いますし、マネしようとしても無理でございますっ」と鶴房節でメンバーを讃えた。河野純喜(以下、河野)は「Starlight」でラップメンバーがボーカルに挑戦する意外性が良かったと話し「ラップメンバーが輝いていて僕は大好きです」とはにかんだ。
 
 
また、2020年の思い出や大変だったことを聞かれると佐藤景瑚は「全て楽しかったんですけど、アルバムのショーケースイベントがすごく楽しかったです。リモートにはなってしまったんですが、ファンのみなさんのおかげでここまで来られて。すごくいいパフォーマンスができて良かったです」と話した。鶴房は「(コロナ禍で)予定が色々潰れてしまって、思うように活動はできなかったんですが、JAMの支えがあって“ここ”にいられるので。本当にありがとうございます」とちょこん!とお辞儀。
 
破竹の勢いを見せるJO1にとって、ライバルや目標にしているアーティストはいるのか?との記者からの問いに、末っ子・豆原は「JO1です」と明快に回答した。そんな末っ子にメンバー達は深く頷いたり「そうだね」と口々に同意。さらに河野が「全てのアーティストさんは憧れの存在ですが、その方たちを越えていくためにも、僕たちはずっとずっと自分たち自身と戦っていかなくてはいけないと感じていて・・・11人で助け合いながらストイックに来年、再来年と頑張っていきたいと思います!」とメンバー全員の気持ちを代弁した。「己に勝つ!!」と盛り上がる11人は笑顔いっぱいで頼もしい。
 
12月6日にアジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA (Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」へのパフォーミングアーティストとしての出演、12月19日に単独オンラインコンサートを開催、さらに来年2021年1月27日は初の写真集「Progress(プログレス)」発売とその活躍の幅は確実に広がっている。
 

 

 
 
Text:MIO
Photo:オフィシャル提供
 
 
 
 
※JAMはJO1ファンの呼称
 
公式twitter:https://twitter.com/official_jo1
 
公式instagram:http://instagram.com/official_JO1
 
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCsmXiDP8S40uBeJYxvyulmA

 

■JO1 1st 写真集『Progress』
2021 年1月27日(水)発売
 
JO1 ファースト写真集 『Progress』
発売日: 2021年1月27日(水)
価 格:3,000円(税別)
仕 様:A4判変形・並製・176ページ
撮 影:彦坂栄治
発 行:ヨシモトブックス
発 売:ワニブックス
 
★購入特典などは 12月2日(水)昼12時に特設サイトにて発表
(予約受付同時スタート)
 
 
特設サイト ※12月2日(水)昼12時にオープン:https://www.wani.co.jp/special/JO1/
 
2020年3月にデビューを果たしたグローバルボーイズグループ、JO1。 2019年、『PRODUCE 101 JAPAN』で視聴者投票によって選ばれ た彼ら11人は、瞬く間にエンターテインメントの最前線へと躍り出た。ま さに、JO1のデビューイヤーの総括とも言える写真集。
今の彼らの姿そのものをテーマに、高みを目指そうとする真剣な表情 や、メンバーと一緒に生活するリラックスした表情などを垣間見ることが 出来ます。また、2020年に行われた彼らのライブパフォーマンス中の姿 もたっぷり収録! ソロインタビューや、メンバー座談会、そして撮影の裏 側が垣間見れるオフショットまで、ボリュームたっぷりの176ページでお届 けします!
今しか見られない彼らの表情、活動の記録を是非この1冊で感じて 下さい。

 

 
2019年社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、視聴者である “国民プロデューサー”によって101名の中から選ばれた11名で結成されたグローバルボーイズグループ。グループ名「JO1」 (ジェイオーワン)には、「PRODUCE 101 JAPAN」で一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指して いくという意味が込められている。2020年3月4日発売のデビューシングル「PROTOSTAR」、8月26日発売の2NDシングル 「STARGAZER」ともにオリコン週間シングルランキング(3/16付、9/7付)で初登場1位を記録。オリコン上半期ランキング2020(2019/12/23 付~2020/6/15 付)では、アーテ ィスト別セールス部門にて新人セールスの 2 位を獲得。6月21日には、日本人ボーイズグループとして初めて 『KCON:TACT 2020 SUMMER』に出演した。1STアルバム『The STAR』が好評発売中。
 
 

The post 【オリジナルレポ】JO1 ☆「僕たちはずっとずっと 自分たち自身と戦っていかなくてはいけない」2021年さらなる飛躍へ! appeared first on Hwaiting!/ファイティン!.

関連記事リンク(外部サイト)

デビューイヤーの総括とも言える、待望のファースト写真集発売決定! JO1 1st写真集『Progress』 2021年1月27日(水)発売
Apeace 第2回オンラインライブ生配信!ゴンヒ&スンヒョクが兵役後初のステージ!
ヤバい!これは相当の名盤!NCT-The 2nd Album RESONANCE Pt.2配信スタート!

Related Articles

【ホラー】もしもボクくんがヤク中だったら……

やっぱクスリってこえぇ ゲームタイトル:ぼくの...

【特集】もうすぐやってくるAfter Cookie...

インターネットにおける広告やデータ利用が曲がり角...

日本初の女性プロ・チョコブランカさん出演! e-S...

JTBコミュニケーションデザインは、指定管理者制...