Little Nightmares 2:海外評価のまとめ –

Tarsier Studiosの重厚な雰囲気の続編はバンダイナムコの3年ぶりの高評価作となった。

 業界の主要パブリッシャの中で,バンダイナムコはゲーム批評家からの評価が最も一貫しない会社かもしれない。―バンダイナムコの歴史全体ではないにせよ,ここ数年は間違いなくそうだ。

 旧作の再販やリマスターを除くと,バンダイナムコがMetacritic平均80点を記録したのは2019年1月のエースコンバット7 スカイズ・アンノウンが最後となる。これをより洋ゲー的な作品に絞って記録を振り返ってみると,過去3年間で最大の批評的成功を収めたのは,2018年11月にMetacritic平均77を獲得したDigixartの11-11: Memories Retoldになる。

 どちらももちろん素晴らしいゲームだが,数十億ドルの収益を上げている国際的なパブリッシャなら,このような長い期間ではもっと高水準の得点が熱望されていると言ってもいいだろう。実際,バンダイナムコの最近のアジア以外をターゲットにしたゲームは,明らかに残念な結果となっている。DontnodのTwin Mirror(PlayStation 4で60点),SupermassiveのDark Pictures: The Little Hope(71点),Slightly MadのProject Cars 3(70点),Fast & Furious Crossroads(35点)などだ。12か月間に4本のゲームをプレイしたが,大したことはなかった。

 その意味では,Little Nightmares 2はパブリッシャにとって声明リリースのようなものだ。PCでのMetacritic平均が84というバンダイナムコの新作ゲームは,3年以上前にXbox Oneで発売されたドラゴンボール ファイターZ以来で,批評家からこれほどの賞賛を受けたことはない。正確にはAAAタイトルではないかもしれないが,Tarsier Studiosの続編は前作よりも野心的で完成度が高いと一般的に評価されており,最近のパブリッシャの作品群の中では稀に見る批評家の寵児となっている。

そう,本当に “手をつなぐ “ボタンがあるんです―そしてそれは可愛らしいんです -Polygon

 PolygonのAusten Goslin氏によると(参考URL),Little Nightmares 2の豊富な楽しみの多くは,初代ゲームのファンにはお馴染みのものだ。しかし,1つの新機能が際立っているという。それは,Little Nightmaresの主人公だったSixに助けられながらプレイヤーが操作する新キャラクターMonoの追加だ。Goslin氏によると,SixとMonoの間に形成される関係性は,”1作めの孤独感 “に比べて,感情の高ぶりを増しているという。

 「ゲームのほとんどのステージで,Sixはあなたと一緒に歩き回り,ジャンプアクションの部分では,あなたが遠くの棚にたどり着くのを手伝ってくれたり,行き詰まったときには正しい方向に導いてくれたり,とくに暗くて不気味な建物の中を走るときには手を握ってくれたりするんです。そう,本当に『手をつなぐ』ボタンがあるんです」

 「ゲームの最もストレスの多い,怖い,そしてクライマックスの瞬間のいくつかで,Sixは,あなたがこれまでにオリジナルのゲームで感じたよりも多くの孤独を残して,Monoから引き離されます。彼女が2人とも届かない棚まで押し上げてくれていたので,離れ離れになっただけで,レベルははるかに孤独に感じられ,ゲームの敵はさらに不気味になりました」

 いくつかのレビューでは,Little Nightmares 2の中心的なデュオは,Icoの2人のメインキャラクターのダイナミックさと比較されている。ゲーム評論家からも高い評価を受けており,上田文人氏以上に尊敬を集めるゲーム監督はほとんどいないと言われているが,TarsierがTeam IcoによるPlayStation 2の名作にインスパイアされたのであれば,デンマークの有名なスタジオであるPlaydeadの作品からもインスピレーションを得ている可能性が高い。

Little Nightmares 2:海外評価のまとめ

 「Little Nightmares 2は,非常に特殊なゲームサブジャンルの最新作です」と,Jamie Latour氏はThe Gamer誌のレビューで語っている(参考URL)。「InsideやLimboのようなゲームに似ています。……このタイプのゲームは,ジャンプアクション,謎解き,ホラーが融合しています。また,通常,小さな子供が恐ろしい危険にさらされているのが特徴です」

 これらの要素に加えて,Playdead のゲームは贅沢に制作されており,アニメーション,ビジュアル,サウンドの美しさが,その世界を完全に信憑性のあるものにしている。Little Nightmares 2 も同様で,Latour 氏は Tarsierの照明とオーディオをとくに高く評価している。

 「ハンターの工房の窓から差し込む太陽の光や,廃墟と化した病院の暗い廊下を照らす懐中電灯の光は,雰囲気を盛り上げてくれています。水や埃,布の物理処理も一流だが,照明はさらに別のレベルにあります」と Latour 氏は付け加える。

 「Little Nightmares 2のアンビエント サウンドは,緊張感を高めるのにとても良い仕事をしています。老朽化した建物のいたるところでひび割れや軋みがあり,拷問を受けた街の住人たちのうめき声も聞こえてきます。ガラスでできた何かが粉々になると,誰かに聞かれたのではないかと心配になり,緊張してしまうでしょう」

Little Nightmares 2のアンビエント サウンドは緊張感を高めてくれます -TheGamer

 とはいえ,ゲームのすべての側面が印象的なわけではない。Tarsierは,最初のゲームで築いた勝利の公式からそれほど遠く離れてはいない。 ― その代わりに,その見慣れた構造の中で,より野心的な範囲と規模を選択したが,少なくとも新たに追加された1つは,多くの批評家の態度を冷たくさせた。具体的には,Little Nightmares 2では,Monoはときおり武器を見つけてはそれを振り回して敵と戦うことになるのだ。

 「小さな子供なので,床に沿って引きずることしかできません」とGamespotのAndrew King氏は語る(参考URL)。「コンクリートの上での刃の擦れ具合は完璧で,武器の重さを移動させて敵や障害物を倒す感覚は満足のいく重さに感じます」

 「しかし,何体もの敵を連続して倒さなければならない場面もあり,Monoの武器の振り方が遅いため,楽しいというよりももどかしさを感じます。また,命中判定がシビアで,一部の敵は1回以上命中させなくては倒せないのに,Monoは必ず1回の命中で死んでしまうので,完璧なタイミングで何回も連打しないとチェックポイントに戻されてしまうこともあるのです」

 批評家たちがゲーム的な側面でLittle Nightmares 2の欠点を挙げているのは,戦闘,パズル,そして(おそらく最も一般的な不満として挙げられる)ジャンプアクションである。ほぼ10年間,Tarsier StudiosはMedia Moleculeと協力してLittleBigPlanetを開発する以外にほとんど何もしていなかったが,いくつかのレビューでは,彼らがどのようにコントロールするかという点でMonoとSackboyの類似点を強調している。このゲームは物理ベースの重厚感があり,それが LBP のジャンプアクションを受け継ぐテイストにしているのだ。

Little Nightmares 2:海外評価のまとめ

 「このゲームの大きな賭けは,予測可能なトリガー,試行錯誤,迅速な再起動に対する驚きの恐怖のバランスをとることです」とVGC誌でJon Bailes氏は述べている(参考URL)。「失敗のリスクは警戒心を保つためには必要不可欠ですが,機械的な繰り返しほど恐怖心を殺すものはありません」

 「大部分でTarsier Studiosは均衡を維持していますが,その手法には賛否両論があります。最初のゲームと同じように,低く設置されたカメラは,すべてのものが大きく立ちはだかるように見せていて完璧です。紙の山のように前に丸まっている巨大な建物や,天井を横切る肥大化した霊安室の係員に対して,子供たちが二重に足手まといになっているように感じられます。しかし,それはまた,視野の深さを奪っており,進行を人為的に難しくしています」

 「影や表示された板がジャンプを誘導しているのにも関わらず,プラットフォームがどのように並んでいるのかを正確に判断するのは難しいことが多いです。あなたは,少年を勇猛果敢に棚に向かってジャンプさせますが,YouTubeの失敗動画の猫のように無力に床にバタンと落ちることになります。廊下を走っているとテーブルの脚に致命的な瞬間に引っ掛かります。それは背景まぎれていて断じて見えませんでした。実に腹立たしいものです」

 しかし,ほとんどすべての場合において,Little Nightmares 2の基本的なシステムに問題を定義した批評家たちは,想像力の作品としての強みに比べれば,些細な問題だと捉えていた。表向きはホラーゲームであるが,ほとんどすべてのレビュアーはTarsierのテンションの上昇と不穏なイメージのコマンドを賞賛していた。ホラーというジャンルの中でもジャンプの恐怖はとくに少ないのだが,悪夢のようなビジョンは安っぽい恐怖よりも長く心に残るのだ。

 「前にも述べたように,明らかに恐ろしいものが展示されていることはほとんどないのですが,Tarsier Studiosはコンセプトとして印象的なほど根本的なレベルで『死ぬほど恐ろしいもの』を心得ています」と,Leon Hurley氏はGamesRadar+のレビューで書いている(参考URL)。

 「子供のような演出とは裏腹に,このすべてには大きな闇があります。あなたが炉の中で特定のキャラクターを罠にかけて排除したときでも,Sixは悲鳴が上がっている間も手を温めるために座っています。別のパズルでは明らかにかつて人間であった,心を持たない醜い生き物がビルの上から歩きだす原因となります。その後,それが通過するときに複数の人が屋上から落ちるシーケンスがずっと続きますが,これはかなり厄介です。そして,ゲームがあなたを直接混乱させていなくても,心して取り組まねばならないような恐ろしい谷間を周りの環境に散りばめていくのです」

 「……Little Nightmares 2がホラーの手袋を外したとき,それは最高のものになります。私はどうしてもTarsier Studiosならサイレントヒルで何ができるのかを見てみたいと思ってしまいます」

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

Related Articles

日本におけるギャンブルの動向について

日本ではこれまでパチンコや競馬などが国民にとっ...

日本におけるスポーツの変遷

時代の変化に伴い人々の娯楽のあり方も変わってき...